自分の子どもに英語を教えたい、でもどうすればいいでしょうか?

英語が喋れる

結婚して出産し、子どもが出来た主婦にとって、この子はきっと世界に羽ばたく人に育ってほしい、グローバルな人間になってほしいって考えるのが今の世の中の潮流だと思います。 この子には、自由に英語がしゃべれて、世界中を飛び回って、各国に友達がいて、そんな人生を思い描くのでしょう。

それには子どもが小さい頃から英語に慣れさせて、親しんで学ばせたい。 だから今からやる必要がある、じゃあ自分で子どもに英語を教えてみよう!そう考えている主婦は大勢いらっしゃいます。

でも子どもに英語をどうやって教えるのか?

それには主婦=あなた自身の経験を活かすのがいいでしょう。
自分の経験を活かして、それをもとに子どもに英語に接する時間を増やしてもらう、そして自然と身に付く環境へと変えて、子どもの英語力を上げていく。これが理想でしょう。 でも主婦にとってその経験は人それぞれです。

ここではいくつかの似たような主婦の経験をもとに、それを活かす子どもの英語力を上げていく方法をご提案しています。 これを読んで参考にして頂くのがいいと思いますよ。

自分の子どもに英語を教える方法について

自分の子どもに対してうまく英語を教えるためには、継続的に勉強を続けられる英会話を行うことがポイントとなります。 早く身につけさせようとしたり、結果を焦ると辛くなりますから、結果は後からついてくるものと考えて取り組むことが大切です。

子どもに英語を教える

例えば、ゲーム感覚で学ぶ喜びを教えたり、目標を設定して自発的に取り組むようにするのも良いでしょう。 ただ、やはりあくまでも子どもが主体ですから、一方的な親の希望で目標を押しつけるのは間違いです。

小さな子の場合は、取っつきやすい市販の英会話教材を用いて、英語に興味をもたせるのが1つの手です。 動きや音声があると興味を強く引きますから、アニメなどのビデオ教材が狙い目です。

最初は教材に簡単な単語の勉強を任せ、基本的な下地ができた後は、日常生活に英語を採り入れます。 挨拶を英語限定にしたり、英語で会話のキャッチボールをするなど、少しずつ英と日本語の比率を変更していきます。

また、親自信も英語を学ぶつもりで、子どもと一緒に成長していく心構えが大事です。

既に一定以上のレベルに到達している人でも、初心にかえることで、親子で成長する感覚が実感できるはずです。 親が教師になる教え方だと、何度教えても覚えないことにイライラしたり、苛立ちが顔に出てしまいがちです。 特に小さな子は比較的マイペースですから、覚えが良い子もいれば、スローペースの子もいるわけです。

しかし、目線を低くして親子で勉強するスタイルであれば、教師と先生の関係で良くある苛立ちはあまり感じなくなるでしょう。

楽しい気持ちは学習意欲や向上心をポジティブにしますし、逆にネガティブな感情はやる気を損ね、最悪のケースだと英語が嫌いになります。 ゲーム感覚に抵抗感を覚える親もいますが、楽しくない英会話学習は続きにくいので、まずは段階的に成長を実感できるように、焦らず基礎を固めるのが先決です。

次の大きなステップを目指すかは、子どもの意欲次第ですから、本人が挑戦したいと言った時に環境を用意してあげることが重要です。

英会話は楽しいものだと教え、もっと話せるようになりたいと思わせるには、覚えてことを実践させるのがベストです。 具体的には、本人と同じくらいのレベルの人と交流の機会を持つことです。

日本の場合だと、誰もが周りに英語を話せる人がいるとは限らないので、子ども向けの英会話学校が現実的だといえるでしょう。 勿論、本人にその気がなかったり興味が薄ければ逆効果ですから、交流の機会を作るかどうかはタイミングの見極めが肝心です。

小さい子にはビデオ教材を始めとして、親による絵本の読み聞かせも効果的です。 未就学児童は勉強方法を知りませんから、教材を与えるだけで済ませるのは不可能です。

勉強の方法を教えつつ、興味を持たせて学ぶ楽しみを育てるのが正解となります。

早い段階で英語に触れさせると、子どもは抵抗感が薄れて興味や意欲を持つものです。 本格的な勉強は小学校に入ってからでも遅くないので、苦手意識を持たせないように気をつけながら、英会話教材や環境との距離を縮めるのが賢明です。

家庭では会話に英語を使う、街中ではチャンスがあれば英語に触れさせるなど、日本語よりも英語を使う頻度を増やすことが学習になります。

ある程度成長したら、ネイティブスピーカーの発音に慣れさせて英語耳を鍛えたり、聞き取った内容を話させるのが良いです。 インプットとアウトプットの繰り返しは、特定の教科に限らない学習の原則ですから、英語でもこの反復が重要な鍵を握ります。 正しい文法や微妙なニュアンスの表現は後から教えられるので、何よりも英語を受け入れさせ、恥ずかしがらず話せるようにすることをおすすめします。"

留学経験のある主婦の場合

最近は学生時代に留学経験を持つ女性が増えています。

留学経験

これは以前に比べると、留学そのものがしやすい、自分の行きたい国を選ぶことができる、短期でも気軽に経験できるなどの理由が挙げられます。 そのような体験をしたことがある女性は、留学を経験しなかった女性に比べるとやはり英語に興味、関心がありその実力も高い人が多くなっています。

よって結婚後自分の子供をもった時に、英語を習わせたい、できれば自分で教えたいと思う人は多いはずです。

留学経験がある主婦として自分の子供に英語を教えたいと考えているのなら、まず幼少期から始めることが大切です。 英語に興味を持つかどうかは最初の印象で決まると言われています。

子供の頭は非常に柔らかくて柔軟なので、興味を持ったことはどんどん吸収するはずです。 塾に通わせるという方法ももちろんありますが、せっかくの留学経験を生かして、自分で教えるということも十分可能です。

留学した頃をよく思い出すと、まず自分のことをわかってくれる人がいると安心したはずです。 子供は親のそばで勉強することが好きなので、スキンシップをとりながら少しずつ教えていくことがポイントです。

英語の歌を聞かせたり、テレビの英語番組を見せたりすることから始めれば、親もゆとりを持って一緒に楽しめることでしょう。 留学していたころは、英語を使うことが楽しいと思っていたはずです。 なので子供には自分のそのときの気持ちを思いだして、楽しむことを教えてあげたいものです。

子供は楽しいと思ったことは何度でも繰り返したがります。 発音を真似したり一緒になって歌を歌うようになればしめたものです。 無理に長い文章を覚えさせたり難しい単語を教えるのではなく、親子一緒になって楽しむことが一番です。

小学校に英語の授業が導入されるようになり、まったく触れてこなかった子供は不安が大きいことでしょう。

留学経験を生かすということは、子供の不安を解消するためにもきっと役立ちます。

外資系に勤めていた経験のある主婦の場合

外資系に勤務していた経験があるなら、これから英語がますます重要性になることを十分に感じているはずです。

外資系に勤めていた経験

退職して主婦になって出産したのであれば、子供の将来を案じて語学力を身に付けさせたいと考えるのは当然といえます。

外国人とのコミュニケーションが多かったのであれば、初歩的なビジネス会話を行えるぐらいの実力はあるでしょう。 それだけの実力があれば、子供に英語を教えるうえでかなり有利になるのは間違いありません。

とはいえ、やみくもに指導すると失敗する恐れがあります。 ポイントになるのは、日常会話のなかに学習をうまく取り入れていくことです。

職場で行っていた挨拶を思い出してください。
それがきっかけで、話すモードが日本語から英語に切り替わっていたという人も多いでしょう。 そのスイッチを子供にも備え付けてあげることが重要です。

日本人の作ったテキストを使用している限り、常に日本語をベースとした環境で英語のフレーズを構成していくことになります。 これではいつまで経っても、日本語から英語に変換するというプロセスを排除できません。

それに対して、話すモードの切り替えが可能であれば、英語で直接フレーズを組み立てられるようになります。 もちろん、そのためには単語や文法を理解しておくことも大切です。

しかし、それらを網羅的に学習していくのは効率的ではないの注意してください。 参考書や単語帳には実践的でないものも多く含まれています。

たとえば、文法の難関と言われる仮定法や現在完了の単元のなかにも、日本人の感性では正確にニュアンスを理解できないものもあるのです。 外資系で生の英語を使っていた経験があるなら、そのようなニュアンスもしっかりと伝えられるはずです。

まずは実践的でないものを参考書から除外して学ばせて、その際にニュアンスに関するアドバイスを盛り込んでいきましょう。 そのうえで、できるだけ子供との会話を英語で行うようにすることが大事です。

学生時代は英語が好きだった主婦の場合

もともと英語の好きだった方は、英語に対しての拒絶感がありません。 自ら率先して英語の本やテレビ、映画などを見る機会が多いと思います。

たとえ海外に旅行に行こうとはしなくとも、日常生活の中でもそういったメディアを通して、海外の映像などを見かける機会は多くなっています。 今後職場で、ご近所づきあいの中でいつどこで英語が必要とならないとも限らず、英語力を育てることは必須です。

子どもに英語を教える

しかしいざ自分の子どもに英語を教えようと身構えるとどうしてもうまくできないと思います。 そうはいっても、英語教室に通うのはお金もかかるもの、元々割と自身が好きな教科だったというのであれば子供が小さいうちはとりあえず家で教えるようにしてみてはいかがでしょう。 主婦業の合間でも充分時間はあるはずです。

とはいえ、文法とか難しいことは禁物です。 まずは親しんでくれること・楽しいと思ってくれることを目指しましょう。 そうすればどんどんと自ら吸収していってくれるはずです。

おすすめは音楽、ABCの歌など分かりやすいものを毎日一緒に聴くようにしてみてください。 これなら主婦業をしながらでも充分取り組めます。 子供と共に歌ってネイティブな発音に慣れていくようにしましょう。

日本語の「頭肩膝ぽん」の曲の英語バージョンもあります。 同じように頭や肩に触れながら、踊りながら歌っていれば頭の英語がヘッドであることが自然に身につくのです。

音楽プラスダンスもおすすめです。
お稽古事として習う中でもこういった取り組みはされてはいるのですが、他のママ達の目もある中でノリノリで踊ったり歌ったりするのは苦手だというママさんもたくさんいることでしょう。 家で我が子とだけなら羞恥心はゼロ、思いっきり弾けてみてはいかがですか。

そういった楽しい経験を繰り返す中で知った単語やフレーズが少しずつ蓄積されていきます。 そういった中で海外の人と触れ合う機会を作ってやれば自分が分かる言葉が出てくることが、そんな中で海外の言葉を知ることに喜びを感じるようになるのです。

受験間近になって焦って文法や単語を無理やり教え込むより、自分が好きだったその経験を活かして楽しめることを前提に少しずつ小さなうちから触れさせるのがポイントです。 英語を通じて海外の方と話が出来るのは喜びなのです。

特になにも経験がない普通の主婦の場合

世の中のグローバル化が急激に進んでおり、これからは英語がますます重要になってきます。 そのため、子供を持つ主婦は少しでも話せるようにしてあげたいと思っていることでしょう。

子どもに英語を教える

しかし、自分が英語を話せない場合は、どのように教えれば良いのか分からないかもしれません。 英会話スクールに通わせるだけの経済力がない家庭ならなおさらです。

そのような場合でも、簡単な日常会話をこなせるぐらいの語学力を身に付けさせることは可能です。 英語を学問として教える前に、まずは楽しいコミュニケーションツールとして馴染ませることがポイントです。

英語のアニメや歌を通して、基本的な名詞を中心に覚えさせていきましょう。 小学校の低学年までにそれを済ませられたら、次は文法の基本を教えてください。 自分が中学生のときに習った程度のもので構いません。

ただしテキストだけに頼るのではなく、付属しているCDやダウンロードしたファイルなどを用意して音声を再生しながら教えます。 こうすることで、英語は耳で理解するものだという認識が自然と刷り込まれていくのです。

とはいえ、それだけでは話せるようになりません。やはり自分で発音することは欠かせないので、音声を聞いた後にはリピートさせてください。 親としては発音記号を理解して、子供の発音に間違いがあれば指摘してあげることが大事です。

発音がそれらしく聞こえるようになってきたら次のステップに移ります。

やはり英語をしゃべれる人と会話をするのが上達の近道です。 自宅にいながらにして外国人と通話できるオンラインのコミュニティもありますし、格安の教育カリキュラムを提供しているオンライン英会話もあります。

1週間に1度のペースでも構わないので、それらを利用して子供を英語を話せる人と会話させましょう。 自分の意思を何とか伝えようと試行錯誤して言葉を発することで、数カ月もすれば少しずつしゃべれるようになってきます。 通話が終わったら、今度はどんな話をしたいのか楽しく相談しましょう。

もと小学校の先生だった主婦の場合

これまでの日本の英語教育は、所謂受験対策の授業であり文法訳読ばかりやっている学校がほとんどでした。 特に公立学校にはその傾向が多く見受けられました。海外から留学生が公立高校に入学してきても、その留学生と会話ができない教師まで存在するという情けない状況だったのです。

小学校の先生

そこで、会話中心に変えなければと教育関係者をはじめ一般世論がそういう流れに傾倒していったのでが、この考えは間違っていました。 文法訳読から会話重視に変えた結果、今度は読み書きが衰えてしまっていて、結局2012年からの「グローバル人材育成」は進まず、子供たちの総合的な英語力は上がっていない現状です。

2012年には小学3-4年生で英語活動に入り、5ー6年生で正式な授業科目になります。中学校に入学する時は、すでに4年間の教育がなされていることが前提となっているため、 中学1年生からかなり高度な授業になっていくことが予想されます。

ついていけなくなる生徒が出てくる可能性があるということです。

小学校の先生であった経験を活かすなら、「いつの日か」しゃべるために勉強させるのではなく、まさに今何か自分が伝えたいことや実行したいことがあって、 それを実現させる為に英語を使わないと突破できないという状況に子供を置いてみることです。

つまり、「机上の勉強」ではなく「実践でやってみる」という手法です。

例えば、家で家族同士が会話をする時は英語を使わなければならないと決めると、誕生日プレゼントを買って欲しい時、 お腹が空いたからご飯を作ってほしい時など心底からの「欲求」を満たすために英語を使わざるを得ない切羽詰まった状況におかれてしまいます。 そうなると、生命の黄色信号ですから、嫌が応にも英語を使ってその欲求を伝えなければならなくなります。

これは人間に備わった危機的状況を回避するための臨機応変な対応力を試すやり方です。

机上についていつの日か使う時が来るかもしれない時に備えて優雅にのんびり勉強するのとでは必死さが違います。 人間の脳に備わっている「危機的状況の回避する対応力」を英語の勉強に活かすのです。

自分の子どもにも英語を教えられるホームティーチャーのお仕事は如何でしょうか?

子どものために最良の英語の教材が手に入り、指導技法が学べて、尚且つお金にもなる!

こんな一石三鳥ぐらいあるホームティーチャーに、あなたもなってみませんか?

ホームティーチャーという仕事

今「資料請求」に応募すれば、お住まいのお近くの説明会に簡単にすぐ参加できます。
説明会は日本全国で行っています。まずは説明会に参加してみて、直接ECCジュニアスタッフに色々と疑問点や不安な点などを聞いてみましょう。きっとこちらもすぐに解決します。 もちろん資料請求をしてみて、実際に内容をよく吟味してからの説明会参加でもOKです。 まずはECCジュニアのホームティーチャーとはどういったお仕事なのか、内容をしっかり理解してもらいたいですね。

このホームティーチャーの募集は今の時期が最も多い時期となります。
来年の4月に新入生となる子どもたちに合わせて、ご自身の教室を開講するにはうってつけの時期なのです。逆に言うと今の時期を逃すとこれからなかなかチャンスが来ないとも言えます。 だからこそ今がチャンスなのです。

ホームティーチャーになると、ECCジュニアスタッフが万全の態勢でバックアップ致します。 手取り足取り教室運営のノウハウを惜しみなくつぎ込みます。
教室開講までの研修、教材の無償提供、教室内装の備品提供、開講準備、そして特に生徒募集については認知度抜群のECCジュニアの長年の実績と信頼で地域でのチラシやWEB広告などを使って、思っている以上に生徒を集めることができるでしょう。 だからこそ、あなたは何も心配することはありません。特に初めに開講するのにお金がかかるんじゃないかと心配している方もいると思いますが、こちらは手出しのお金はほぼ掛からないです。

こういった心配事も含めて、まずは「資料請求」→「説明会参加」に行ってみて、実際に詳しくECCジュニアスタッフの説明を聞いて下さいね。

ホームティーチャーの資料請求

追伸

子どもの育児と仕事が両立できて、いくつになってもどこにいっても続けられるお仕事として、今主婦の注目を集めているECCジュニアのホームティーチャーというお仕事。 資格は特に必要ありません。基礎的な学力(中学レベル)とやる気さえあれば、OK!

自分の都合のいい時間帯だけを使って教室を開いて子ども達に英語を教えます。

なんといっても全国にいるECCジュニアのスタッフが事細かに支援サポートをしてくれますから、安心してやっていくことができます。

少しでもご興味があれば、資料請求してみましょう。
そこからじっくり検討して、説明会への参加をお決め下さい。ホームティーチャーになるには、今の時期が1年のうちで一番いい時期となります。 家庭と仕事の両立ができる主婦の強い味方が、ホームティーチャーです。

ホームティーチャーの資料請求

ページの先頭へ