堀見内教室の佐々木千秋先生 テレビCM動画

佐々木千秋先生 インタビュー取材記事

なぜホームティーチャーになろうと思いましたか?

佐々木千秋先生

 

若いころから小さい子どもと英語が大好きでした。以前の仕事で海外(ポーランド)に5年間住んでいた頃、向こうの子ども達と触れ合う機会がありましたが、 積極的に私に英語で話しかけようとする姿を見て、愕然としました。日本の子ども達はまだまだ英語力が未熟だと感じ、 私ができる事で、未来を担う日本の子ども達に関わって行きたいと思い決意しました。

実際にホームティーチャーになってみていかがですか?

佐々木千秋先生

 

開講14年目になりますが、毎日毎日仕事が楽しいです。素晴らしいライフワークです。 可愛い子ども達にかこまれて、英語を伝えていける仕事が大好きです。生きている限り続けたいと思っています。

ホームティーチャーのやりがい、一番うれしいと思うことは?

佐々木千秋先生

 

義務でもないのに、毎週きちんと教室に通って、私と一緒にレッスンしてくれる子ども達のかわいい笑顔を見られる事です! 継続学習賞(10年継続)を毎年沢山の生徒さんにあげることができ、長年通ってくれる事が嬉しいです。 秋田を離れて行った生徒さんが節目節目にきちんと連絡をくれて、成長を見守る事ができる事です。 一番うれしいと思う事は、英語や教室よりも、「先生の事が好き」と言ってもらえる時です。

そのほか面白かったり感動したエピソードはありますか?

佐々木千秋先生

 

教室の長年通っていても、なかなか学校の成績に結び付かない事もあります。 普通は子どもさんがもうやめたくなって、親御さんが何とか続けさせようとするのですが、 逆パターンで、成績に繋がらないなら無駄だ、と親御さんがやめようとするところ、なんとか通わせて欲しいと涙ながらにお願いした男の子がいました。 5歳から通ってくれて10年目、高校クラスに進級するかどうかの時です。 その時、親御さんが、英語の上達以前に、週に1回のレッスンで、仲間や先生と過ごす時間がいかに息子さんに大事だったかに気付いてくれました。 無事に高校生クラスに進級し、11名中貴重な男子1名で、楽しくレッスン続けてくれています。

ホームティーチャーの資料請求

ホームティーチャーという仕事

今「資料請求」に応募すれば、お住まいのお近くの説明会に簡単にすぐ参加できます。
説明会は日本全国で行っています。まずは説明会に参加してみて、直接ECCスタッフに色々と疑問点や不安な点などを聞いてみましょう。きっとこちらもすぐに解決します。 もちろん資料請求をしてみて、実際に内容をよく吟味してからの説明会参加でもOKです。 まずはECCジュニアのホームティーチャーとはどういったお仕事なのか、内容をしっかり理解してもらいたいですね。

このホームティーチャーの募集は今の時期が最も多い時期となります。
来年の4月に新入生となる子供たちに合わせて、ご自身の教室を開講するにはうってつけの時期なのです。逆に言うと今の時期を逃すとこれからなかなかチャンスが来ないとも言えます。 だからこそ今がチャンスなのです。

ホームティーチャーになると、ECCスタッフが万全の態勢でバックアップ致します。 手取り足取り教室運営のノウハウを惜しみなくつぎ込みます。
教室開講までの研修、教材の無償提供、教室内装の備品提供、開講準備、そして特に生徒募集については認知度抜群のECCジュニアの長年の実績と信頼で地域でのチラシやWEB広告などを使って、思っている以上に生徒を集めることができるでしょう。 だからこそ、あなたは何も心配することはありません。特に初めに開講するのにお金がかかるんじゃないかと心配している方もいると思いますが、こちらは手出しのお金はほぼ掛からないです。

こういった心配事も含めて、まずは「資料請求」→「説明会参加」に行ってみて、実際に詳しくECCジュニアスタッフの説明を聞いて下さいね。

ホームティーチャーの資料請求

追伸

子供の育児と仕事が両立できて、いくつになってもどこにいっても続けられるお仕事として、今主婦の注目を集めているECCジュニアのホームティーチャーというお仕事。 資格は特に必要ありません。基礎的な学力(中学レベル)とやる気さえあれば、OK!

自分の都合のいい時間帯だけを使って教室を開いて子供達に英語を教えます。

なんといっても全国にいるECCジュニアのスタッフが事細かに支援サポートをしてくれますから、安心してやっていくことができます。

少しでもご興味があれば、資料請求してみましょう。
そこからじっくり検討して、説明会への参加をお決め下さい。ホームティーチャーになるには、今の時期が1年のうちで一番いい時期となります。 家庭と仕事の両立ができる主婦の強い味方が、ホームティーチャーです。

ホームティーチャーの資料請求

ページの先頭へ