ECCジュニア教室のホームティーチャーに突撃取材

ECCジュニアの教室は日本全国にあります。
ここではそんな教室で実際に子どもたちに教えているホームティーチャーの方に取材致しました。

ECCジュニア田島教室 山﨑先生の取材

ホームティーチャーになろうと思ったきっかけは?

山﨑先生

以前海外に住むチャンスがあったのですが、もともと英語は好きだったし学校の成績には自信もあったはずが 現地で思うように話せない自分にショックでした。 せめて我が子には教員免許を持った私の手で「英語で言いたいことを話せる教育」を、と思い、帰国後真っ先にECCジュニアに電話したのがキッカケです。

開講前の不安や心配事はありましたか?

山﨑先生

説明会にて開校を決心した矢先に第二子の妊娠がわかり、かなり躊躇したのですが、 ECCジュニア側から「少人数からでもやってみませんか」とアドバイスをいただき、研修に通い始めました。 大きなお腹を抱えて研修に出るのは大変でしたが、想像以上に魅力的な教授法をどんどん吸収することができ、 自分の子どもだけでも教えることができればいい、ぐらいの気持ちでリラックスして研修に臨みました。

そして開校1年目、生徒4人でスタートでした。 まだ幼い娘も息子もよく熱を出したもので、全力で教えるのには4人が精いっぱいでした。

2年目以降、ECCジュニアのサポートの方にも恵まれ、口コミをベースに生徒さんも増えていき2年目には20名を、3年目には40名を超えることができました。

授業について

山﨑先生

ECCジュニアの教材は本当に素晴らしいです。講師としてもいち保護者としても気に入っています。 この教材を使いこなす講師の腕次第だと思います。 この教材を手放したくないので独立は考えられないです。

今は我が子たちとの時間優先で、下は3歳から上は小6までの限定でレッスンをやっています。 中学生以上になると夜の時間をレッスンに当てないといけないので、泣く泣く夕方で終わるように設定しています。

特に幼児の場合、レッスンを中断するいわゆる幼さゆえの行動や言動がありますが、 私の場合はユーモアを全力で取り入れながらこちらが勝手に楽しんでレッスンをさりげなく軌道修正しています。 「叱る」のではなく、自主性を大事にすることで絆が生まれていくと信じています。

子育てと仕事について

山﨑先生

我が子たちとの時間は大切にしたいです。でもお金を戴いているプロフェッショナルとしてレッスンはしっかりと100%でやりたいと思っています。 それゆえ、我が子が保育園で熱が出て呼び出しとなると我が子の体の心配よりついつい舌打ちも・・・。 自分の母親らしからぬ行動に葛藤ばかりの日々でしたが、子どもたちが成長するにつれてめったに熱を出すこともなくなり、その悩みもかなり減っています。

もしお子さんがいて、これからホームティーチャーになろうかと考えている方へのメッセージとしては、まずご自身のお子さんがまだ小さい場合、 当然育児にも手が掛かりますので、仕事をするのかどうか、自身の覚悟がかなり必要だと思います。

まず、本当に子育ての時間を多少犠牲にしてでも働きたいのかどうか自問自答をし、自分の気持ちに正直に、 もし自分の子どもが100%大事だと思うならもう少し待ってみるのも正解だと思います。

自分の覚悟をしっかりと見極めてやったほうがいいと思います。

これからホームティーチャーになりたい方へ

山﨑先生

英語が好きなことは必須だと思いますが、子どもが必ず好きじゃないとできないかというとこれは違うと思います。

私もいわゆる「子ども好き」ではありません。生徒たちを子どもとは思わず、個人として心から愛しています。

私は我が子たちが幸せになってほしい、そして、地域の子ども達も幸せなら当然自分の子どもも幸せになるだろうと言う考えを軸に、 この仕事に覚悟を持ってやっています。

ちなみに私は英語の他に多くの生徒に算数も教えています。 ECCジュニアは英語だけじゃなく他の教科も教えることができますし、我が子たちが学校で学ぶことを把握できるメリットもあります。

子どもに英語を教える

ホームティーチャーの資料請求

ホームティーチャーという仕事

今「資料請求」に応募すれば、お住まいのお近くの説明会に簡単にすぐ参加できます。
説明会は日本全国で行っています。まずは説明会に参加してみて、直接スタッフに色々と疑問点や不安な点などを聞いてみましょう。きっとこちらもすぐに解決します。 もちろん資料請求をしてみて、実際に内容をよく吟味してからの説明会参加でもOKです。 まずはECCジュニアのホームティーチャーとはどういったお仕事なのか、内容をしっかり理解してもらいたいですね。

このホームティーチャーの募集は今の時期が最も多い時期となります。
来年の4月に新入生となる子どもたちに合わせて、ご自身の教室を開講するにはうってつけの時期なのです。逆に言うと今の時期を逃すとこれからなかなかチャンスが来ないとも言えます。 だからこそ今がチャンスなのです。

ホームティーチャーになると、スタッフが万全の態勢でバックアップ致します。 手取り足取り教室運営のノウハウを惜しみなくつぎ込みます。
教室開講までの研修、教材の無償提供、教室内装の備品提供、開講準備、そして特に生徒募集については認知度抜群のECCジュニアの長年の実績と信頼で地域でのチラシやWEB広告などを使って、思っている以上に生徒を集めることができるでしょう。 だからこそ、あなたは何も心配することはありません。特に初めに開講するのにお金がかかるんじゃないかと心配している方もいると思いますが、こちらは手出しのお金はほぼ掛からないです。

こういった心配事も含めて、まずは「資料請求」→「説明会参加」に行ってみて、実際に詳しくECCジュニアスタッフの説明を聞いて下さいね。

ホームティーチャーの資料請求

追伸

子どもの育児と仕事が両立できて、いくつになってもどこにいっても続けられるお仕事として、今主婦の注目を集めているECCジュニアのホームティーチャーというお仕事。 資格は特に必要ありません。基礎的な学力(中学レベル)とやる気さえあれば、OK!

自分の都合のいい時間帯だけを使って教室を開いて子ども達に英語を教えます。

なんといっても全国にいるECCジュニアのスタッフが事細かに支援サポートをしてくれますから、安心してやっていくことができます。

少しでもご興味があれば、資料請求してみましょう。
そこからじっくり検討して、説明会への参加をお決め下さい。ホームティーチャーになるには、今の時期が1年のうちで一番いい時期となります。 家庭と仕事の両立ができる主婦の強い味方が、ホームティーチャーです。

ホームティーチャーの資料請求
キャンペーン

ページの先頭へ