ECCジュニア教室のホームティーチャーに突撃取材

ECCジュニアの教室は日本全国にあります。
ここではそんな教室で実際に子どもたちに教えているホームティーチャーの方に取材致しました。

ECCジュニア内野本郷中央教室 花房先生の取材

ホームティーチャーになろうと思ったきっかけは?

花房先生

今はホームティーチャーをスタートして3ヶ月目になります。 家族は主人と娘(小6)がいます。 もともと北海道の中学校で英語を教えていましたが、娘が大きくなるにつれていろんな面でもっとサポートしたいと思い、 教員を辞めて、その後主人の地元に家族で越して来ました。 仕事はしたかったのですが、家族にも迷惑を掛けずに無理せずやれる仕事を、と思いECCジュニアに応募しました。

開講前の不安や心配事はありましたか?

花房先生

今まで中学生にしか教えていなかったので小さな子どもに教えられるか不安でした。 実際に研修を始めて色々と教わり、これならやれるかなって感じましたね。

生徒募集について

花房先生

ECCジュニアのスタッフの方と一緒にポスター貼りとかチラシ配りなどからスタートしました。 自宅を教室にするので、それほどリスクもなく気楽に始められるんじゃないかと主人とも話して、自分の子どもも賛成してくれましたのでよかったです。

今は生徒は9名で少ないのですが、収入を考えなければちょうどいい感じです。 凄く楽しんでやっています。ただ仕事として考えるとやっぱり20名程度は増やしたいですね。 それは今後の目標として考えています。

実際に教えてみて、どうでしたか?

花房先生

今は年長さんから小学生まで教えています。 ほんとは中学生まで教えたいのですが、家の関係でどうしても夜はレッスンできないのでこうしています。

小さいお子さんを教えるに初めは不安でしたが、今は可愛くてしょうがないです。 授業中、思わぬところで勝敗にこだわり泣いてしまったりなどのハプニングはありますが、それほど深刻な悩みはありません。

あとこれは私自身の経験ですが、教員をやっていた時の教え方とECCジュニアの教え方は違うので初めは少し戸惑いました。 学校ではひとつのことを時間を掛けて教えて次に進むのですが、 ECCジュニアではいろんなことをどんどん教えていきます。当然まだ難しいだろうというようなものもあります。 これが繰り返し繰り返しでてきて、やがて子ども達も理解していくっていうやり方です。

学校がひとつひとつレンガを積み上げていくイメージで、 ECCジュニアはおっきな土台があって、そこにどんどん壁を塗っていくやり方のイメージです。 その時はわからなくても何度も同じ表現がでてきていつの間にか理解しているという感じです。

今後の夢やこれからホームティーチャーになりたい方へ

花房先生

生徒募集や研修など初めは大変だと思います。 でも子どもたちが成長する姿を身近に見ることが出来ます。 あるお子さんは外で見知らぬ外国人に自分から話しかけていて、保護者の方も「ビックリしたけど、うれしかった」とお話しされていました。

こういった成長する姿をみるのもいいですよ。 自宅でできるホームティーチャーという仕事は、アットホームで私は皆さんにお勧めします。

子どもに英語を教える

ホームティーチャーの資料請求

ホームティーチャーという仕事

今「資料請求」に応募すれば、お住まいのお近くの説明会に簡単にすぐ参加できます。
説明会は日本全国で行っています。まずは説明会に参加してみて、直接スタッフに色々と疑問点や不安な点などを聞いてみましょう。きっとこちらもすぐに解決します。 もちろん資料請求をしてみて、実際に内容をよく吟味してからの説明会参加でもOKです。 まずはECCジュニアのホームティーチャーとはどういったお仕事なのか、内容をしっかり理解してもらいたいですね。

このホームティーチャーの募集は今の時期が最も多い時期となります。
来年の4月に新入生となる子どもたちに合わせて、ご自身の教室を開講するにはうってつけの時期なのです。逆に言うと今の時期を逃すとこれからなかなかチャンスが来ないとも言えます。 だからこそ今がチャンスなのです。

ホームティーチャーになると、スタッフが万全の態勢でバックアップ致します。 手取り足取り教室運営のノウハウを惜しみなくつぎ込みます。
教室開講までの研修、教材の無償提供、教室内装の備品提供、開講準備、そして特に生徒募集については認知度抜群のECCジュニアの長年の実績と信頼で地域でのチラシやWEB広告などを使って、思っている以上に生徒を集めることができるでしょう。 だからこそ、あなたは何も心配することはありません。特に初めに開講するのにお金がかかるんじゃないかと心配している方もいると思いますが、こちらは手出しのお金はほぼ掛からないです。

こういった心配事も含めて、まずは「資料請求」→「説明会参加」に行ってみて、実際に詳しくECCジュニアスタッフの説明を聞いて下さいね。

ホームティーチャーの資料請求

追伸

子どもの育児と仕事が両立できて、いくつになってもどこにいっても続けられるお仕事として、今主婦の注目を集めているECCジュニアのホームティーチャーというお仕事。 資格は特に必要ありません。基礎的な学力(中学レベル)とやる気さえあれば、OK!

自分の都合のいい時間帯だけを使って教室を開いて子ども達に英語を教えます。

なんといっても全国にいるECCジュニアのスタッフが事細かに支援サポートをしてくれますから、安心してやっていくことができます。

少しでもご興味があれば、資料請求してみましょう。
そこからじっくり検討して、説明会への参加をお決め下さい。ホームティーチャーになるには、今の時期が1年のうちで一番いい時期となります。 家庭と仕事の両立ができる主婦の強い味方が、ホームティーチャーです。

ホームティーチャーの資料請求
キャンペーン

ページの先頭へ